【対2段の金開き中飛車】相中でたすきの銀も馬引き王手銀取りで詰み

相振り飛車イラスト


本譜は相手の方が2段でした。しかし序盤で金開き中飛車になりました。

初段レベルだと金開き中飛車で大丈夫だと思ったのか、この戦法を研究して

いたのか、相手にやられて負けたので自分でもやってみようかと思ったのか

このb級戦法は級位者のころに嫌というほど当たっていたので苦手意識は

なかった。ただ、構想は級位者の頃指されたことのないものだった。

管理人の囲いは金無双のような形にし、ゆっくりした展開になったので

急いで攻めずに、銀冠に組み替えて強い戦いができるようにした。馬を

作って駒をボロボロ取っていたところにたすきの銀の手筋。桂馬を打って

玉が出てきたところに馬を引いて王手銀取り。玉が上に逃げたので飛車を

打って詰み。※たすきの銀とは将棋youtuberクロノ氏がよく使う将棋造語

銀の両取りがたすきを掛けているように見えるためそう呼んでいるらしい。



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:y
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲7八金 △3二金 ▲5八飛 △5二飛
▲5六歩 △5四歩 ▲3八金 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉
▲5七銀 △8八角成 ▲同 銀 △5一飛 ▲7七銀 △4二銀
▲3六歩 △3三銀 ▲7五歩 △4四銀 ▲6六銀左 △3三桂
▲2八角 △4五桂 ▲4六銀 △8二銀 ▲4八玉 △6二金
▲1六歩 △1四歩 ▲5九飛 △8四歩 ▲7七桂 △6四歩
▲8六歩 △8三銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲8九飛 △8二玉
▲8五歩 △同 歩 ▲同 飛 △8四歩 ▲8九飛 △7二金
▲7四歩 △同 歩 ▲4五銀 △同 銀 ▲6四角 △7三角
▲同角成 △同 桂 ▲2八角 △5六銀 ▲5七歩 △6七銀成
▲同 金 △7八角 ▲8八桂 △6七角成 ▲6九飛 △5八金
▲3七玉 △6九金 ▲6五桂 △6六馬 ▲7三桂成 △同 金
▲6二銀 △4五桂 ▲2六玉 △4四馬 ▲2五玉 △2四飛
まで78手で後手の勝ち









6手目、相中飛車。9手目、金開き中飛車確定。25手目、遠くを睨む角、次は

74歩、同歩、91角成の狙い。26手目、45桂で様子をうかがう。30手目、お互い

玉を囲うが、こちらの方が耐久性はありそう。48手目、銀冠まで囲って強い戦い

ができるようになった。62手目、ここまで進むと指しやすくなる。後は馬で

飛車をいじめながら駒を取っていけば自然によくなる。73手目、たすきの銀。

74手目、桂を打って様子を伺う。玉が落ちても詰みがありそうだし、上がっても

王手銀取りで傷は消せる。上に来たので飛車打ちで詰み。勝ちました。


スポンサーリンク