【43戦法対78金型】32飛に22角成の変化で指し方一例

43戦法イラスト


今回は32飛に22角成の変化を載せます。大抵は居玉を避けてから角交換とか

24歩で仕掛けるのが多いかと思います。この戦法のいいところは急戦にも

持久戦にも強いところ。ただ、全く知らない状態だと指しこなすのが難しい

ので、指し方の一例で参考になれば。本譜は43戦法に78金型でした。78金型

って囲いづらいので自分では相居飛車で使うぐらいですね。おそらく角交換

しやすいようにということでしょうか。32飛に22角成と来てから同銀。同飛

もなくはないのかもしれないが、ソフトで検討しても同銀だったので、74手目

は詰みがあったのですが気づかずに見逃している。時間を気にしてますね。

後は将棋盤の下で追記します。リハビリ中なのですが最近将棋ウォーズの調子がいい




棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:s
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛 ▲4八銀 △6二玉
▲7八金 △7二玉 ▲5八金 △3五歩 ▲2五歩 △3二飛
▲2二角成 △同 銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲6六角 △3三角
▲同角成 △同 銀 ▲2三角 △4二飛 ▲5六角成 △2二飛
▲4六馬 △4四銀 ▲3六歩 △2五歩 ▲3七銀 △3六歩
▲同 馬 △3三桂 ▲4六歩 △3五歩 ▲4七馬 △3六角
▲同 銀 △同 歩 ▲同 馬 △3五歩 ▲3七馬 △3六銀
▲3八馬 △2六歩 ▲1六角 △5二金左 ▲4七金 △2七歩成
▲同 角 △同銀成 ▲同 馬 △3九角 ▲2三歩 △同 飛
▲3四銀 △2八角成 ▲2三銀成 △2七馬 ▲6八玉 △5五角
▲7七金 △2八飛 ▲4八飛 △2九飛成 ▲6六金 △4九馬
▲5五金 △4八馬 ▲5八角 △同 馬 ▲同 玉 △5九飛
▲4八玉 △3六桂 ▲同 金 △同 歩 ▲4七玉 △3八角
▲3六玉 △2五龍 ▲3七玉 △4七金
まで82手で後手の勝ち









7手目、78金型の居飛車。12手目、43戦法。18手目、角には角を。同角成に

同銀で23角。金取りなので42飛、馬は作られたが逸れたので22飛と回る。

28手目、飛車先逆襲。駒損になったが39角と打つ。飛車先叩かれて55手目、

34銀。逃げないで28角成から大駒を取っていく。60手目、壁形だったので

55角。飛車打ち込んで駒を補充しながら飛車を取る。69手目は受けに

なっていなかったので59馬でよかったかも。74手目詰んでいたが見逃し

82手目で詰みました。


スポンサーリンク