【右玉対居飛車5筋位取り】駒補充からカウンターで玉頭攻め

右玉を指していてよくわからない戦型だったので
何指してくるのだろう?と考えながら駒組を続けていましたが

相手が5筋の位を取ったあたりで気づきました。居飛車で、
対振り飛車にたまに用いられる、5筋位取りだった。

四間飛車を指していたときに何回かあったのですが、
だいぶ前なので忘れてました。ちなみに管理人は、

居飛車を持った時に一回指したことがあるくらいです。
中央に飛車振っても一局かなとは思いましたが、

おそらく角頭ねらってくるかもと感じて四間飛車にしました。
駒組をつづけるもあったかもしれないですが、

初めての戦型なので、相手の疑問手を見て桂馬を取りに
歩を打つ、そこから玉、角の両取り。先に角を取りましたが、

終局後に検討した結果、75銀、同玉に角を取るのが最善でした。
結果的にゲームセットに近い形になり

勝ちました。


棋譜

棋戦:レーティング対局室
先手:J
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀
▲6八銀 △4三銀 ▲5六歩 △3二金 ▲5七銀左 △6二銀
▲6八玉 △6四歩 ▲7八玉 △6三銀 ▲9六歩 △9四歩
▲2五歩 △3三角 ▲4六歩 △7四歩 ▲4七銀 △7三桂
▲5五歩 △4二飛 ▲1六歩 △6二玉 ▲5六銀右 △5一金
▲4五歩 △5二金 ▲6六銀 △4五歩 ▲7九角 △4四銀
▲2四歩 △同 歩 ▲同 角 △2三歩 ▲5七角 △4一飛
▲7五歩 △7一飛 ▲7四歩 △同 銀 ▲7七桂 △7六歩
▲7五銀 △7七歩成 ▲同 玉 △6五桂打 ▲6六玉 △5七桂成
▲同 玉 △7五銀
まで56手で後手の勝ち








7手目、無敵囲い。11手目、力戦?13手目、居飛車。

25手目、5筋位取り。26手目、飛車の転戦。30手目、クリックミス。

34手目、桂頭攻めが見えてきたので、角筋を通す。35手目、引き角。

36手目、位を取ったら確保。40手目、受ける。42手目、下段飛車を急ぐ。

44手目、戦いが起こる場所に飛車を回す。47手目、疑問手だと感じたので、

48手目、桂馬の高飛び歩の餌食。52手目、ふんどしの桂。

56手目、投了されました。


スポンサーリンク