【右玉対屋敷流忍者銀】二枚銀で受け続けて寄せから頓死

久しぶりに指したら、初めて見た戦型でびっくりしたので

少し調べました。すると屋敷流忍者銀にすごく似ていたので

載せてみます。屋敷九段がよく指す指し方で対居飛車、振り飛車に

よく用いられるみたいです。居飛車だと対矢倉などが有名みたいですね。

囲いは簡素で速攻で攻め切る印象を受けました。右玉の性質上、

受けに徹する事が多いのできづかなかったのですが、矢倉など

振り飛車でも受け続けることになりそうです。故に受け間違えると

簡単に潰れてしまいそうです。本譜もそうなりかけました。

見たことのない形での攻め方で、早指し、しかも切れ負けと

いうこともあって終始大変な将棋でした。切れ負けでは有効かも

しれないですね。受け続けたのですが、攻めるタイミングかと感じて

反撃に転じます。寄せに入ったところで、相手の方が受け間違えたの

で頓死で勝ちました。難しい将棋だった。


棋譜

棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:k
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲2六歩 △4四歩
▲2五歩 △3三角 ▲5八金右 △6四歩 ▲4八銀 △6三銀
▲6八玉 △7四歩 ▲7八玉 △3二銀 ▲5六歩 △4三銀
▲3六歩 △3二金 ▲6八銀 △5二金 ▲3七銀 △6二玉
▲5七銀 △7三桂 ▲4六銀左 △5四銀左 ▲2六銀 △1四歩
▲3五歩 △4五歩 ▲3四歩 △2二角 ▲3五銀左 △8一飛
▲4四銀 △4一飛 ▲3五銀上 △4三銀 ▲3三歩成 △同 桂
▲4三銀成 △同金右 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2五歩
▲2三銀打 △同 金 ▲同銀成 △1三角 ▲同成銀 △同 香
▲6五歩 △同 桂 ▲3四歩 △同 金 ▲3五歩 △7五歩
▲同 歩 △7七歩 ▲6八玉 △7八銀 ▲同 金 △同歩成
▲同 玉 △7七歩 ▲6九玉 △7八銀 ▲5九玉 △5七金
▲同 金 △同桂成 ▲4九金 △6九金
まで76手で後手の勝ち








3手目、角道を止めた。15手目、船囲い。25手目、見たことのない形。

31手目、仕掛け。同歩と取るのはお手伝い。32手目、突き違いの歩。

34手目、一旦引く。38手目、飛車の転戦。41手目、ここから難しい将棋。

48手目、受ける。50手目、取らないとまずいと感じる。

58手目、受ける。60手目、反撃に転じる。同歩に77歩。

玉が動いたので78銀。精算してから抑えて寄せに行く。

74手目、包むように寄せる。76手目、頓死で詰みました。


スポンサーリンク