【浮き駒に手あり】相掛かり棒銀で継ぎ歩の手筋から最後は頓死

最近は涼しくなってきたので、24も再開しています

脳内将棋盤を安定させるために、『5手詰将棋 』を再開。2周目です。

実践系のタカミチ本を3週し

5手詰めハンドブック1、2を2週くらいしたら

7手詰めを再開しようと考えています。

本譜は棒銀の理解を深めるために、相掛かり棒銀を指しました

相手の囲いは中住まいだったのは、打ち込みにくくするため?

そこからは浮き飛車に構えたので、駒を捌いて継歩の手筋から

ガジガジ攻め。寄せに入って一間龍の形にしたら、頓死で1手詰め。

居飛車によく出てくる手筋は、相振り飛車にも流用出来るので

どんどん使って、急所となる局面で見えるようになりたい。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:se
後手:管理人

▲7六歩 △8四歩 ▲7八金 △8五歩 ▲4八銀 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲3八金 △7二銀
▲2六歩 △3二金 ▲5八玉 △8三銀 ▲2五歩 △4二玉
▲7五歩 △7二金 ▲9六歩 △9四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △8四銀 ▲6八銀 △7五銀
▲7七銀 △3四歩 ▲8六銀 △8八角成 ▲同 金 △8六銀
▲同 歩 △4四角 ▲6六飛 △同 角 ▲同 歩 △8五歩
▲同 歩 △8六歩 ▲7八銀 △8五飛 ▲7七歩 △8七銀
▲同 銀 △同歩成 ▲7六角 △8六飛 ▲8七角 △7九飛
▲3九金 △8七飛成 ▲同 金 △7八飛成 ▲5九玉 △5八銀
まで60手で後手の勝ち





初手76歩。2手目、84歩。3手目、78金でおそらく相居飛車。
5手目、右四間?6手目から一歩交換。11手目、これは中住まい。

14手目、予め受けておく。16手目、銀を繰り出す。18手目、居玉を
避ける。20手目、飛車のコビンが気になったので金上がり。21手目から

端歩は受ける。相手も一歩交換し飛車先を受けてきた。28手目、浮き駒
に目をつける、30手目、囲いを優先したので一歩得。30手目、角の活用。

33手目、これは疑問手?34手目から駒をさばいていき、38手目、飛車、
金両取り。飛車周りで受けたので同角。42手目、歩を突き捨てて。

44手目、継歩。48手目、歩を取り払ってからガジガジ攻め。54手目、寄せ
に入る。バッサリ飛車を切って一間龍。ここでseさんが頓死、

58銀で詰みました。


スポンサーリンク