【中飛車対角道不突き65歩早仕掛け】攻めを抑えながら駒得し捌き

中飛車の実践では、位を取らせる5筋位取り中飛車が増えた昨今

指しこなす上で壁になるのが、対急戦ではないかと感じる。

というのも、持久戦であればお互い組み合うことが多くなるので、

簡単に抑え込まれたり、潰されることが少ないから。中飛車の

定跡書では対急戦は書かれていることが多いので安心していた。

しかし、全てを網羅しているわけではないので、当然見たことのない

指し方はある。本譜がまさにそんな指し方で、65歩早仕掛け調だが

角道を開けない指し方。押さえ込んでさばかせないつもりらしい。

桂頭を攻めながら飛車の活用で捌けたが、初見だと間違えやすいと感じた

大駒を全部取って相手の角を押さえながら銀得、桂馬を捌いて勝勢?

途中、もっと早く寄せられたが時間がなくなりそうになり焦ってた。

角を打ったところで、桂馬を打って飛車を取ってくれたので一気に

寄せて勝ちました。




棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:t

▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △5二金右
▲5五歩 △4二玉 ▲5八飛 △6二銀 ▲4八玉 △1四歩
▲1六歩 △3二玉 ▲3八玉 △4二銀 ▲2八玉 △6四歩
▲6八銀 △6三銀 ▲3八銀 △7四歩 ▲5七銀 △7三桂
▲6六歩 △6五歩 ▲4六歩 △6四銀 ▲6八飛 △7五歩
▲同 歩 △同 銀 ▲9五角 △7二歩 ▲7四歩 △8四銀
▲6五歩 △9五銀 ▲6四歩 △7五角 ▲5八金左 △8六歩
▲6三歩成 △同 金 ▲同飛成 △8七歩成 ▲7三歩成 △同 歩
▲同 龍 △8五飛 ▲7六金 △5七角成 ▲同 金 △8六飛
▲同 金 △同 と ▲7一龍 △3四歩 ▲6五飛 △8七と
▲9五飛 △8八と ▲7七桂 △9九と ▲6五桂 △6四銀
▲2六桂 △5五角 ▲3四桂 △3三銀 ▲5六歩 △8八角成
▲5五銀 △同 銀 ▲同 歩 △5二香 ▲6三歩 △3四銀
▲6二歩成 △4二金打 ▲5四歩 △同 歩 ▲5三歩 △同 香
▲同桂成 △同 金 ▲7五角 △8三桂 ▲5三角成 △9五桂
▲4一龍 △3三玉 ▲2一龍 △7八飛 ▲3一龍 △2四玉
▲3三銀 △同 馬 ▲3六桂 △1三玉 ▲3三龍 △2二銀
▲2四金 △1二玉 ▲2二龍 △同 玉 ▲3三銀 △2一玉
▲2二金
まで109手で先手の勝ち







▲管理人 vs. ▽t

7手目、位取り。9手目、中飛車。21手目、片美濃囲い。26手目、!?

27手目、初めて指されたので、角のラインを受けたが飛車を回っていたほうが

良かったかも。31手目、引きつけて捌いていく。33手目、振り飛車の常套手段。

35手目、弱点の桂頭攻め。37手目、角は取られるが、取らせている間に飛車の活用

41手目、駒損はいけないので受ける。45手目までくると優勢か。51手目、両取り

57手目、金龍両取りなので、一段龍にして当たりを避けながら攻める。59手目、

角道を防ぎながら銀取り。桂馬を捌きながらしばらく進み、91手目から寄せる。

109手目で頭金になり詰みました。玉形の差が出て指しやすかった。


スポンサーリンク