【右玉対美濃囲いの浮き飛車めくらまし】壁金を咎めるように寄せる

久しぶりに10秒将棋を指しました。読みが早くなっているかの

確認を兼ねてですが、10秒に慣れていないのと相手が奇襲?

B級戦法だったので、いつもより慎重に指した結果、手渡しの

ような手がいつもより多くなっていますね。10秒や3分切れ負け

では中盤で悪くしてしまうと巻き返すことは出来なくなるので

仕方ない。本譜は浮き飛車目くらまし。しかも片美濃囲い。以前

指されたことがあるのでびっくりすることはなかったですね。相手

も金銀をバランスよく配置していたので、連結をほぐして角を打ち

込み46歩。同飛で飛車交換。打ち込みがあるので自陣飛車。

角を取ろうとしたので飛車を走って歩を取り引いておく。玉が寄った

ところで角を切り、金桂両取り。そこから一気に寄せる手があった

ものの見逃し、詰みを見つけたので馬を切って5手詰み。美濃囲い

だと玉頭に殺到できるので、やはり中住まいのような囲いがいいの

かもしれないですね。そして読みは前よりは早くなっていました。

ただ、以前よりはですが。引き続き、読みの高速化と深さの鍛錬。



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10秒将棋)
先手:N
後手:管理人

▲2六歩    △3四歩    ▲7八金    △4四歩    ▲2五歩    △3三角
▲6八銀    △4二銀    ▲3八銀    △4三銀    ▲4八玉    △3二金
▲3九玉    △6二銀    ▲2六飛    △6四歩    ▲7六歩    △6三銀
▲7七角    △7四歩    ▲5六飛    △5二金    ▲2六飛    △6二玉
▲9六歩    △9四歩    ▲1六歩    △1四歩    ▲3六飛    △7三桂
▲2六飛    △8一飛    ▲5六飛    △7二玉    ▲2六飛    △6二金
▲2七飛    △5四銀左  ▲2六飛    △4一飛    ▲3六飛    △4五銀
▲2六飛    △5四銀引  ▲2七飛    △6五銀    ▲2六飛    △5四銀引
▲4八玉    △4五歩    ▲3三角成  △同 桂    ▲7七銀    △6五桂
▲6六銀    △6九角    ▲8八金    △4六歩    ▲同 飛    △同 飛
▲同 歩    △4一飛    ▲5八金    △4六飛    ▲4七歩    △4一飛
▲5九玉    △5八角成  ▲同 玉    △2八金    ▲4九銀    △2九金
▲2四歩    △同 歩    ▲1七香    △3九金    ▲4八銀    △3八金
▲5九銀    △3七金    ▲4八銀    △2七金    ▲1五歩    △3六桂
▲5九銀    △1七金    ▲1四歩    △1二歩    ▲1三歩成  △同 歩
▲6八玉    △2七金    ▲5八銀    △3七金    ▲4六角    △4八金
▲2四角    △2一香    ▲4六角    △5八金    ▲同 玉    △4五銀
▲3七角    △4八銀    ▲同 角    △同桂成    ▲同 玉    △3六銀
▲5九桂    △2六角    ▲5八玉    △3七角成  ▲4八銀    △1五馬
▲6八玉    △4五桂    ▲5八金    △4六歩    ▲同 歩    △5七桂左成
▲同銀引    △同桂成    ▲同 金    △4七歩    ▲同 銀    △同銀成
▲同 金    △3八銀    ▲5七金    △4八銀    ▲5八金    △5九銀不成
▲同 金    △5六桂    ▲6九玉    △4七銀成  ▲5七歩    △同成銀
▲5八歩    △5九馬    ▲同 玉    △4八金    ▲6九玉    △6八桂成
まで144手で後手の勝ち







▲n vs. ▽管理人
初手、居飛車。3手目、78金。11手目、美濃囲い?15手目、あ~奇襲の

浮き飛車目くらましだ。揺さぶってくるが無風。36手目、右玉。46手目、

角の頭を狙う。50手目、角交換を催促。同角成。同桂。54手目、銀が

上がったので桂馬を跳ねる。56手目、浮きゴマになった金を攻める。

58手目、馬を作るのと飛車の活用。同飛。同飛。で自陣飛車。114手目、

同馬から寄せることが出来たが見逃す。139手目を見て馬を切って

5手詰めで勝ちました。将棋学習は詰将棋より寄せが課題ですね。

スポンサーリンク