【右四間飛車対菊水矢倉】縦に強い囲いを攻めつぶし上下の必死

ブログの移転作業がほぼ終わりました。

文字化けについては全部治ったと思います。見落としがあるかも
しれないですが・・・将棋盤の文字化けがあるよ~という方は

先手、後手表記の上にあるプルダウンをクリックして
from.utf.csaからfrom.csaに変更すると文字化けは解消されます
Google ChromeやFirefoxだと見えない場合もあるそうです。

お試しください。さて、本譜もまだ出ていない戦型を優先します。
ほぼ同じ形が増えてきているので、コンテンツを充実させたいな
と考えています。今回は右四間飛車対菊水矢倉です。

現代矢倉ではあまり見ない形です。矢倉囲いは縦に強い囲い
ですが、菊水矢倉は更に縦に強い囲いですね。おそらく右四間
なので組み替えたのだと思います。桂馬が跳ねているので、

端が弱くなっていますが、今回は狙いませんでした。お互い囲い
合ってから開戦します。37手目がよくわからなかったのですが、
構わず攻めます。ただ、38手目が緩手だった。角を切って同玉

に65歩から攻めても良かった。成捨てから攻め潰しの形になり
一間龍。合駒には玉の正面に金を打って上下の必至に。
こちらは詰まないので投了されました。

初めての対菊水矢倉でしたが、考え方は変わらずに
攻めて良しなのが右四間の醍醐味ですね



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:Q
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲4八銀 △8四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲7八金 △6四歩 ▲5八金 △6三銀 ▲6七金右 △5四銀
▲5六歩 △6二飛 ▲5七銀 △7四歩 ▲7七角 △3二金
▲8八銀 △9四歩 ▲6九玉 △4一玉 ▲6八角 △4二銀
▲7九玉 △3一玉 ▲1六歩 △5一金 ▲2六歩 △7三桂
▲7七桂 △6五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲同 桂 △同 銀
▲5八飛 △6六歩 ▲7七金寄 △8五桂 ▲8六金 △6七歩成
▲同 金 △8八角成 ▲同 玉 △6六銀打 ▲同 銀 △同 銀
▲同 金 △同 飛 ▲5五角 △6七飛成 ▲6九銀 △7七銀
▲同角上 △同桂成 ▲同 角 △6六金 ▲同 角 △6九龍
▲6八金 △7九銀 ▲7七玉 △8八角 ▲6七玉 △6六角成
▲同 玉 △6八銀成 ▲同 飛 △同 龍 ▲6七歩 △6四金
まで72手で後手の勝ち









3手目、48銀?5手目でほぼ相居飛車。14手目、右四間飛車。

28手目、囲いの完成。31手目、菊水矢倉。32手目、仕掛ける。

同歩、同桂。同桂。同銀に58飛。42手目、攻めようがないので

歩の成捨て。同金に88角成。同玉。66銀と打ち込んで攻めをつなげる。

同銀。同銀。同金に同飛。55角と飛車香両取りには飛車を成る。

54手目、指し手が難しいが77銀で攻めを続ける。同角。同桂成るに同角

66金と打って角の位置をずらして、69龍。龍取りには79銀でつながる

64手目から寄りそうと感じる。70手目で一間龍。72手目で必至。

投了により勝ちました。


スポンサーリンク