【角交換左玉対四間飛車穴熊】うっかりがあったが駒得から端攻め

角交換右玉も指していると、相手が振り飛車の時もあります。

そうなると左玉か違う指し方かとなるのですが、そこは問題なかったです。

というのも、とっておきの右玉 という本に指し方が載っているので、
もっというと最低限の指し方が載っているので、定跡を覚えなきゃ・・・ 

とはならないです定跡系の将棋が嫌いと言う方や、

覚えるのがめんどくさいとか、定跡学習に時間が取れないという方に

おすすめです。本譜は馬を作って好調ので出だし、飛車を引くのを忘れ

てしまい、その後のうっかりから馬を消されてしまう。そこから駒得。

駒損を避けながら手番が来たので、手に入れた駒でカウンターを狙う

穴熊の弱点である端攻めから崩していく。叩きの歩から玉を引っ張りだす。

多分絶対に詰まない形だったので、王手も相手にしない。詰みがある

局面だったので詰まして勝ちました。5手詰めだったのですが、

早詰めで3手で詰みました。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:y

▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲6八銀 △3三銀
▲6六歩 △4二飛 ▲6七銀 △6二玉 ▲6八玉 △7二玉
▲7八玉 △8二玉 ▲9六歩 △9二香 ▲9五歩 △9一玉
▲6八金 △8二銀 ▲7七桂 △7一金 ▲4八銀 △5二金
▲5六歩 △4四歩 ▲5七銀 △4五歩 ▲4八飛 △4四銀
▲3八金 △6二金寄 ▲5一角 △4三飛 ▲1五角成 △5四歩
▲2六馬 △3五銀 ▲2五馬 △4四飛 ▲3六歩 △2四銀
▲2六馬 △4一飛 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △5九角
▲4九飛 △2六角成 ▲同 歩 △3三銀 ▲3二角 △4二飛
▲2一角成 △2四角 ▲3七金 △4五歩 ▲3一馬 △4六歩
▲4二馬 △同 銀 ▲2二飛 △4七歩成 ▲同 金 △3八銀
▲4八飛 △4七銀成 ▲同 飛 △4六金 ▲4九飛 △5三銀
▲2三飛成 △3八角 ▲8九飛 △5一角 ▲2一龍 △3三角
▲9四歩 △同 歩 ▲9三歩 △同 香 ▲8五桂打 △7二金寄
▲9三桂成 △同 銀 ▲8五桂 △8四銀 ▲9二歩 △同 玉
▲9四香 △9三歩 ▲同桂成 △同 桂 ▲同香成 △同 銀
▲8五桂 △8四銀 ▲9九飛 △9三歩 ▲同桂成 △同 銀
▲9四歩 △同 銀 ▲9五歩 △6五桂 ▲9四歩 △7七香
▲8八玉 △8一桂 ▲9三香 △8二玉 ▲9一銀
まで113手で先手の勝ち







 

3手目、角交換。同銀に68銀。8手目、四間飛車。11手目、左玉へ。
15手目、端歩の打診。16手目、穴熊へ。端を突込してから。

29手目、飛車の転戦。33手目、割り打ちの角。35手目、馬ができる。
45手目、攻め急ぎすぎ。50手目、うっかり。51手目まで駒の損得はなし。

53手目、両取り。55手目、駒得。57手目、悪手だった。しばらく進み
79手目、チャンスだと感じ端攻めへ。89手目、玉頭を叩きひっぱり出す。

103手目、格言にある歩の手筋。銀は縦に動かす。105手目、継歩。
106手目、飛車の素抜きを狙っている。相手にしないで銀を取る。

108手目、詰みがないので相手にしないで避ける。111手目、
5手詰めを見つけて詰まして勝利。


スポンサーリンク