【右玉対居玉居飛車急戦】流れ弾や詰めろの判断と受けの難しさ

本譜は右玉対居玉居飛車急戦です。

記事タイトルつける時に考えたポイントから、

この対局で考えさせられたのは、居玉は流れ弾に当たりやすい

ということと詰めろの判断について、受けの難しさなどです。

まず、詰めろかどうかこれは管理人でも、切れ負け将棋だと

結構焦ります。終盤、持ち時間が少ないので

相手の攻めも考えたいし、自玉の詰みや詰めろも考えないと

いけない。迷った時は、まずは自玉から見たほうが安全かも

しれないです。詰みがあるのに攻めると詰みますので。

安全だったら攻めの手を考えるとかそして受け。これはとても

大事なことですが、受けって、間違えると致命傷になります。

逆に攻めが加速することもあるので、受けるなら慎重に指した

ほうがいいかもそしてこれは受けになっているか?も大事ですね。

手を加えたつもりが実は受けになっていなかったということも

あるので・・・本譜はあまり書くことがなかったので

以上です。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:k4
後手:管理人

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲3八銀 △4四歩
▲2七銀 △3二金 ▲2六銀 △1四歩 ▲4八金 △4二銀
▲4六歩 △4三銀 ▲4七金 △6二銀 ▲3六歩 △6四歩
▲3七桂 △6三銀 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 桂 △5五角
▲4六歩 △5二金 ▲5六歩 △2二角 ▲3五歩 △4四歩
▲7六歩 △4五歩 ▲2二角成 △同 金 ▲3四歩 △4六歩
▲同 金 △3九角 ▲3八飛 △5七角成 ▲6六角 △4七桂
▲4九玉 △4六馬 ▲2二角成 △5七馬 ▲4八金 △3九金
▲同 飛 △同桂成 ▲同 玉 △4八馬 ▲同 玉 △4六飛
▲3七玉 △3六金 ▲3八玉 △4七飛成 ▲2九玉 △2六金
▲3八金 △4九龍 ▲3九桂 △3七歩 ▲5八角 △3八龍
まで66手で後手の勝ち







7手目、棒銀確定。11手目、筋は良くないけどなんだろ?

19手目、なるほど居玉急戦か。22手目、もちろん同歩。

24手目、一回は飛車のコビンを揺さぶる。26手目、自陣の整備。

28手目、一旦引く。30手目、桂馬の高飛び歩の餌食。32手目、桂得。

22角成。同金に。36手目、突き捨て。同金に39角成。飛車取りと馬つくり。

角の合わせには桂まで王手。玉が逃げたので金を取ってまずまず。

48手目、寄せに入る。同飛に同桂成。同玉に馬を切る。

同玉に王手銀取り。顔面受けが来たので、36金から寄せていく、

64手目、詰めろ。65手目、おそらく受けの手。66手目で詰みました。



スポンサーリンク