【先手中飛車穴熊対浮き飛車目眩まし戦法】引き角でも中央突破

先日対局した一局で参考になりそうな棋譜があったので
載せてみようかと思います。本譜は対奇襲浮き飛車目眩ましです。

中飛車党で困っていそうな方がいるかと感じたので
これの定跡は無いと思うし、ほぼ力戦、乱戦になりやすいので・・・

いつもは向かい飛車にしたりしますが、たまにいろんな指し方を
試したりもします。悩んでいる方に、戦法別に参考になる棋譜が

増えるといいなと思っています。これのコツは隙を見せないで、
飛車を圧迫していくのがいい。その際76の歩は守れるに越した

ことはないが、守らないでも良くなるのなら状況によるが、
それでも問題ないかと思う。奇襲戦法は相手が受け間違える

前提だと思うので、相手の狙いを見抜けると、はまらないと思う。
囲いに関しても相手は固くしないことが多いので、

本譜は堅く囲ってから中央突破し、寄せて詰み。
相手の戦法は攻め味に乏しいので、無理をしなければ

悪くならないかと。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:m

▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △8四飛
▲5八飛 △5二金右 ▲4八玉 △6二銀 ▲3八玉 △7四飛
▲5五歩 △7六飛 ▲7八銀 △7四飛 ▲2八玉 △8四飛
▲1八香 △3二金 ▲1九玉 △3四歩 ▲2八銀 △8二飛
▲3九金 △3三角 ▲5九金 △2二銀 ▲4八金左 △4二角
▲5四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3三銀 ▲5九飛 △8六歩
▲同 歩 △同 角 ▲5四歩 △7七角成 ▲同 桂 △8八飛成
▲6五桂 △4二銀 ▲5三角 △同銀右 ▲同歩成 △同 銀
▲同桂成 △4二金左 ▲5二成桂 △同 金 ▲5三歩 △5七歩
▲5二歩成 △同 玉 ▲5七飛 △5三歩 ▲5一金 △4二玉
▲4一金打 △3三玉 ▲5三飛成 △7八龍 ▲4四銀 △2四玉
▲4三龍 △7四龍 ▲1六歩 △1四歩 ▲2二銀 △8七角
▲3三銀上不成△同 桂 ▲同 龍 △3五玉 ▲5七金 △4五歩
▲3六歩 △2五玉 ▲2三龍 △3六玉 ▲2六龍
まで83手で先手の勝ち








2手目、居飛車?6手目、浮き飛車めくらまし。7手目、中飛車。

9手目、玉を上がったが、55歩から56飛とすれば76の歩は守れる。
14手目、奇襲の狙いのひとつ。15手目、角に紐をつける。ひも付けしないと、

次に飛車を切って来ることもあるので、16手目、おそらく銀が上がってくる
のを察知したのかも。19手目、穴熊へ。29手目、囲いは一段落。

31手目、飛車先を軽くしておく。同歩。同飛で59飛。
36手目、現状では相手の仕掛けはこれしか選択肢がないと思う。

一応同歩。角が飛んで来るのは分かっているので相手にしない。
39手目、攻めの拠点。41手目、手損無しで桂馬を跳ねられた。

43手目から中央突破。55手目、同飛は歩で叩かれてと金飛車の
両取りがありそうだったので、金を取ってから飛車で更に王手した方が

お得。58手目、当然の受け。59手目、5筋を破りに行く
後は無理せず慎重に寄せて、83手目で詰みました。



スポンサーリンク