【雁木右玉対カニ囲いの右四間飛車】勘違いで角損も受けつぶし

レーティング対局室より

いつものように右玉に組もうとしたら、右四間の匂いがしてきた。

右玉を指したことがある人は分かるかもしれないが、

かなりの確率で指される。対応を誤ると潰れる人は多いのでは

ないかと思う。管理人は一回潰れたことがあり、
対局後すぐに対策を調べた。

いくつか有力な指し方があるのだが私は一つに絞った。
というか、コレが一番自分にあっていたと言うのが正しいかもしれない

右四間を正面から受け止める指し方で、普通の雁木囲いでも
耐久力はあるが、玉を右に囲うことで相手からの遠さも得る事が
できる戦法。

デメリットは手数が少しかかることくらい。しかし、
相手からの急戦、(早い動きに対応出来ないと潰れやすい)
に対応出来るようにしたい。

本譜はR帯に合わない指し方だった。
というのも相手の囲いがカニ囲いというところ

レートが上がってくると採用する人が減ってくるので、
珍しいと感じた。どの囲いも長所や短所があるものだが、
平手ではあまり得にはならないのでびっくりした。

が、あまり指されないこともあり、崩しそこねることになる。改めて見たことで、
成長したなと感じるところがあり、受けが上手くなったなと感じた。

勘違いから桂馬の効きに角を成ってしまって駒損したが、
そこから凌いで受けきって投了されました。勝ちましたが、
囲い崩しをやっていれば良かったと思った。


棋譜


棋戦:レーティング対局室
先手:o3
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲4六歩 △5四歩 ▲4七銀 △6二銀
▲1六歩 △1四歩 ▲3六歩 △5三銀 ▲6八銀 △3二金
▲7八金 △5二金 ▲6九玉 △7四歩 ▲5六銀 △7三桂
▲4八飛 △6二玉 ▲4五歩 △8一飛 ▲4四歩 △同 角
▲同 角 △同銀右 ▲4五歩 △5三銀 ▲4四角 △3三桂
▲5三角成 △同 金 ▲4四銀 △5二金 ▲4三銀成 △同金右
▲4四歩 △5三金 ▲4三銀 △2二金 ▲3四銀成 △4二歩
▲4三歩成 △同 歩 ▲同成銀 △4五歩 ▲5三成銀 △同 玉
▲4四歩 △5二銀 ▲4五銀 △同 桂 ▲同 飛 △3四銀
▲4三金 △同銀上 ▲同歩成 △同 銀 ▲7二銀 △4一飛
▲4二歩 △3一飛 ▲6三銀成 △4二玉 ▲7三成銀 △4四角
▲7七桂 △5五金 ▲4八飛 △3六飛 ▲5六歩 △3九飛成
▲5九金 △4七歩 ▲4九飛 △3八龍 ▲5五歩 △同 角
▲6三成銀 △4八銀 ▲同 金 △同歩成 ▲同 飛 △同 龍
▲5九金 △8九飛 ▲7九桂 △4七角 ▲5八銀 △同角成
▲同 金 △4九龍 ▲5九歩 △3七角成 ▲同 桂 △4七歩
▲4四歩 △同 銀 ▲4三歩 △3二玉 ▲5一角 △3三銀打
▲2五桂 △4八歩成 ▲3三桂成 △同 銀 ▲4四桂 △同 銀
▲4二歩成 △2一玉 ▲3二銀 △1二玉 ▲2三銀成 △同 金
まで120手で後手の勝ち







9手目、右四間の可能性あり。16手目、雁木に。19手目、!?

カニ囲い?27手目、早すぎる仕掛け。28手目、下段飛車を優先。

35手目、香車が危ないので桂馬を跳ねる。40手目、取ると危ないので

引く。42手目から受けまくる。54手目まで来ると、囲いは崩れたが

相手は息切れ。78手目、ここらへんから優勢になったかも。

92手目、逃げ道封鎖。100手目、勘違い。102手目、確実なたれ歩

105手目から受けきって、120手目を持って投了されました。


スポンサーリンク