【62金型右玉対右四間居飛車穴熊】二枚替えから凌いで9手詰め

右玉を指していて、初めて居飛車穴熊にされました。

後にも先にも穴熊にされたのは、この一局だけなので載せます。

最初は左美濃かな?と考えていたのですが、穴に潜られました。

組み方自体は松尾流に近いのかもしれない。

端を詰めてから、62金型の右玉に組む。少し進むと右四間飛車になる

玉頭も角で守っているし、角頭も金で守っているので悪くないのかもしれない。

ただ、その後の指し手に疑問があり、こちらもポイントを稼ぐ。

角打ちから馬ができて指しやすくなる。銀を引かせようとしたので、

こちらも飛車取りに歩を打つ。すると馬を押さえ込みに来た。

が、これはどうなんだろう?逃げ場はないけど

角を切ると王手で先手を取れる。さらに、飛車も取れて、と金も出来る。

つなぎ桂を打ってからは、凌いで先手を取れるように指した。

84桂だったので、飛車を切って同銀成に

9手詰めが決まり勝ちました。



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:ya
後手:管理人

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲3八銀 △4二銀
▲4六歩 △4三銀 ▲4七銀 △3二金 ▲3六歩 △6二銀
▲3七桂 △5四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲5八金右 △8五歩
▲7七角 △9四歩 ▲6七金 △7四歩 ▲6八玉 △7三桂
▲1六歩 △1四歩 ▲7八玉 △6四歩 ▲8八玉 △8一飛
▲9八香 △6三銀 ▲9九玉 △6二玉 ▲8八銀 △7二玉
▲7九金 △9五歩 ▲5六銀 △6二金 ▲4八飛 △3三角
▲6五歩 △同 桂 ▲6六角 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲8七歩 △8一飛 ▲4五歩 △同 歩 ▲3三角成 △同 桂
▲4五桂 △同 桂 ▲同 銀 △3七角 ▲4七飛 △5五角成
▲4四歩 △4六歩 ▲5六金 △8八馬 ▲同 金 △4七歩成
▲4三歩成 △4九飛 ▲5三銀 △同 金 ▲同 と △7七桂打
▲6三と △同 玉 ▲5四銀 △7三玉 ▲6三金 △8二玉
▲7三銀 △9二玉 ▲8四桂 △同 飛 ▲同銀成 △8九桂成
▲同 金 △8八銀 ▲同 玉 △7七銀 ▲9九玉 △8九飛成
▲同 玉 △8八金
まで92手で後手の勝ち







13手目、急戦だろうか?29手目、左美濃?31手目、穴熊!?

40手目、端を詰めて62金型へ41手目、え、右四間!?

44手目、同桂と取ったら角が動いたので、すかさず一歩交換。

51手目、同歩と取ると角交換。もちろん同桂。

55手目から桂馬が飛んできた、捌きたいからか

同桂に同銀。58手目、急所の角打ち。馬が出来てからは、

冒頭で述べたとうりになる。最後は無事、9手詰めが決まって

勝ちました。


スポンサーリンク