【四間飛車穴熊対浮き飛車目くらまし】勝負手が通って勝ち

右玉が続いたので、ここで四間飛車を載せます。
本譜は将棋ウォーズのものです。

タイトルのとうり、四間飛車穴熊対浮き飛車目くらまし。
この奇襲戦法はあまり好きではないです。相手方を持っても、

自然に圧迫されると指しにくくなるので、以前もこの指し方を
されたことがあるのですが、前と違うのはこちらが

振り飛車穴熊というところ。実は右玉同様、定跡学習していました。
対奇襲は初めてではありますが、対急戦は慣れてきたところなので、

特に問題はなかったかと。どちらかというと、10分切れ負けなので
時間で逆転しないようにと考えていました。手筋を織り交ぜて指して

飛車先突破します。ちなみにこの浮き飛車の弱点は、
いずれ飛車が動くであろう筋の逆襲です。これはわかっていても

受けにくいので丁寧に受けるか、相手のミス待ちを目指すかでしょうか。
そして、この戦法の特徴?は囲いは中住まいかアヒル囲いが多いところです。

打ち込みの隙をなくして大駒交換を狙ったり、大駒を切って寄せたりすることが
出来るからですね。終盤、難しい局面で持ち駒の豊富さで寄せに行きます。

寄りそうで寄らないという局面で、勝負手を放ちます。
これが功を奏し詰みました。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:2R

▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七角 △9四歩
▲9六歩 △7二金 ▲6八飛 △3二金 ▲4八玉 △5二玉
▲7八銀 △8四飛 ▲6七銀 △7四飛 ▲3八玉 △1四歩
▲2八玉 △1五歩 ▲1八香 △4二銀 ▲1九玉 △3四歩
▲2八銀 △3五歩 ▲3九金 △3四飛 ▲8八飛 △3六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲3七歩 △3四飛 ▲8六歩 △同 歩
▲同 飛 △8三歩 ▲7五歩 △3三銀 ▲7六銀 △4四銀
▲6五歩 △3五銀 ▲2二角成 △同 金 ▲8五銀 △5四飛
▲5八金 △8二銀 ▲7四歩 △同 歩 ▲8四歩 △同 歩
▲同 銀 △8三歩 ▲同銀成 △同 銀 ▲8四歩 △同 銀
▲同 飛 △8三歩 ▲8六飛 △7三銀 ▲7七桂 △3三歩
▲8五銀 △4四銀 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 銀
▲同 飛 △8三歩 ▲8六飛 △7三銀 ▲9五歩 △同 歩
▲9三歩 △同 香 ▲8五桂 △8四銀 ▲9三桂成 △同 銀
▲9二銀 △9四桂 ▲8五飛 △7六角 ▲8八飛 △5八角成
▲8三銀成 △8七歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲8八飛 △8三金
▲5八飛 △6七銀 ▲5六香 △5八銀不成▲5四香 △同 歩
▲7一角 △6二香 ▲9三角成 △同 金 ▲8二銀 △4七銀成
▲7一飛 △6一金 ▲8一飛成 △6九飛 ▲7三桂 △5一金
▲4二歩 △6六角 ▲4一角 △4二玉 ▲5一龍 △同 玉
▲5二金
まで121手で先手の勝ち




8手目、棒金?9手目、四間飛車に。10手目、金開き?

この時点で普通じゃない12手目、中住まいか。

14手目、ん?浮き飛車目くらましだ。21手目、予定どうり穴熊へ。

27手目、対急戦穴熊。29手目、飛車先逆襲を始める。47手目、棒銀へ。

21手目、手筋。同飛とは取れない。77手目、端攻め開始。

92手目、取った方がお得。97手目、自陣の傷を消す。99手目、攻め合い。

飛車を逃げても意味がない。115手目、勝負手。同玉と取ったら31角。

41玉なら51竜から詰み。52玉屋32玉でも同じ。116手目、また

攻め合いになった。117手目、継続の手。53玉なら51竜。

42玉ときたので、51竜と切って詰みました。


スポンサーリンク