【右玉対居玉原始棒銀】将棋の格言で三桂あって詰まぬことなし

以前、右玉を指していると意表を突いたような

指し方をされることもあると書いたので、具体的にどんな風になるのか

載せてみようと思います。本譜は右玉対居玉棒銀です。 

なんでこれを載せようかと考えたかというと、非常に珍しいと感じたから

相手は銀を捌いた後、なんと美濃に囲います。右玉側からすると

実はありがたい手で、玉頭を攻めることが出来て先手十分だと思います。

なにより、銀がいない美濃囲いはもろいところがるので、ここはまだ、

居玉のほうがいいのかもしれません。欲を言えばしっかり囲ってから

棒銀のほうにしたい。その他に、この対局で成長したなと感じたのは

棒銀に対して振り飛車を持っても、居飛車を持ってもつぶれなくなったこと、

たまに切れ負けで勘違いでつぶれることはあっても、基本的には問題ない。

ちゃんと対応できるようになった。それだけではなくて、

局面を落ち着かせるということが分かるようになったり

確実に前進出来てきていると感じる。最後は格言の三桂あって詰まぬことなし


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:IY

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八銀 △8五歩
▲7七角 △7二銀 ▲6七銀 △8三銀 ▲7八金 △8四銀
▲9六歩 △9四歩 ▲4八銀 △7四歩 ▲4六歩 △7五歩
▲4七銀 △9五歩 ▲同 歩 △7六歩 ▲同 銀 △7二飛
▲6七銀 △7五銀 ▲6五歩 △7六銀 ▲同 銀 △同 飛
▲6七銀 △7二飛 ▲2二角成 △同 銀 ▲7六歩 △5二金左
▲5八金 △6二玉 ▲4八玉 △7一玉 ▲3六歩 △4四歩
▲3七桂 △3三桂 ▲2九飛 △3一銀 ▲7七桂 △2四歩
▲8九飛 △8二飛 ▲5五角 △9二飛 ▲9四歩 △5四歩
▲4四角 △6二金上 ▲9三歩成 △同 桂 ▲9四歩 △8二銀
▲9三歩成 △同 銀 ▲8五桂 △2五桂 ▲同 桂 △同 歩
▲9三桂成 △同 飛 ▲同香成 △同 香 ▲9一飛 △8一歩
▲9三飛成 △5五桂 ▲7四桂 △4七桂成 ▲同 金 △5五桂
▲6二桂成 △同 金 ▲7四桂 △4七桂成 ▲同 玉 △5五桂
▲同 角 △同 歩 ▲6二桂成 △同 玉 ▲5四桂 △5三玉
▲4五桂 △5四玉 ▲6六桂 △6五玉 ▲6三龍 △6四歩
▲7四銀
まで97手で先手の勝ち







10手目、原始棒銀確定。13手目、端を受ける。
18手目、相手から仕掛けられて中盤戦。

取ると棒銀の潰れ系なので取らない。淡々と駒組を続けると、端で動いて
きた。同歩に76歩。同銀。飛車が回ったので銀を引く。

26手目、相手の攻め駒を引き付けてから角をさばく
29手目、とりあえず銀で取る。同飛に67銀打ち、22角成。

同銀に76歩で局面を落ち着かせる。38手目、!?。39手目、居玉を
避ける。40手目、美濃囲い?49手目、地下鉄飛車。51手目、飛車の

コビンを狙う。しばらく進んで、71手目、寄せに行く。73手目、自陣を安全に。
75手目、寄せの基本。84手目、両取りには角で取って自陣を安全に。

89手目、詰ましに行くぞという手。89手目から豊富な持ち駒を生かして、
三桂あって詰まぬことなし。


スポンサーリンク