【糸谷流右玉対英ちゃん流中飛車】片美濃囲いを玉頭から潰す

本譜は、後手糸谷流右玉対先手英ちゃん流中飛車。

参考にしたのは相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法
相手の方が角道を止めたので、こちらも駒組みを進めるが
この時点では相手が何を指すかわからないので、

慎重に組み上げる。56歩と突かれた時に、あまり見ない形なので
ちょっと警戒。大抵は中飛車にされることが多い。ここで四間飛車や

三間飛車の可能性は減ったかも。次の手で中飛車になり、
67銀、77角で英ちゃん流中飛車に。右玉を指していて

初めて英ちゃん流を指された。ただ、糸谷流では角道を止める
タイプでも指し方は変わらない。淡々と駒組みを進め。

中央をがっちり抑えて受ける。すると飛車を振りなおしてきたので、
桂馬で飛車道を止めつつ、金取りになる。大駒を切られるが、

後に悪手だったとわかる。囲いは崩れるが丁寧に受けて反撃に出る。
相手の陣形が崩れたので揺さぶりながら、玉頭を攻めていく。

相手の攻めを処理してさらに玉頭を攻めたら潰れ形になり、
詰みました。中盤で見落としがあったものの、

終盤では相手の攻めがよく見えていたのが印象的でした。


棋譜


棋戦:レーティング対局室
先手:hn
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲6八銀 △6二銀
▲5六歩 △4二銀 ▲5八飛 △4三銀 ▲6七銀 △6四歩
▲7七角 △6三銀 ▲4八玉 △7四歩 ▲3八玉 △7三桂
▲2八玉 △4二金 ▲3八銀 △6二玉 ▲1六歩 △1四歩
▲7八金 △7二金 ▲9六歩 △9四歩 ▲6八角 △8一飛
▲7七桂 △3三桂 ▲4六角 △4五歩 ▲7九角 △3一飛
▲8八角 △4四銀 ▲5九飛 △2五桂 ▲6五歩 △同 桂
▲同 桂 △同 歩 ▲5五歩 △4三金 ▲5六銀 △6四銀
▲6九飛 △6六桂 ▲同 角 △同 歩 ▲同 飛 △6三金
▲6五銀 △同 銀 ▲同 飛 △6四歩 ▲6九飛 △5五銀
▲5九飛 △5四歩 ▲7五歩 △3五歩 ▲7四歩 △7二歩
▲7五桂 △5三金右 ▲8三桂成 △3六歩 ▲4八金 △7五角
▲6六歩 △3七歩成 ▲同 桂 △同桂成 ▲同 銀 △3六歩
▲2六銀 △6六角 ▲5七歩 △3七銀 ▲同 銀 △同歩成
▲同 金 △3六歩 ▲3八金 △2五桂 ▲3二歩 △同 飛
▲3五歩 △1三角 ▲3四銀 △同 金 ▲同 歩 △同 飛
▲3五歩 △同 角 ▲2六銀 △同 角 ▲同 歩 △3七銀
▲1八玉 △1七銀 ▲2九玉 △3八銀成 ▲同 玉 △3七歩成
まで108手で後手の勝ち







3手目、振り飛車?居飛車?5手目、何指すんだろう?
7手目、中飛車か力戦か。9手目、中飛車。13手目、英ちゃん流中飛車。

34手目、放置すると危ないので45歩。36手目、飛車を振って攻める。
38手目、位を取ったら確保。40手目、桂馬の活用。

46手目、中央をがっちり受ける。48手目、形は悪くなるが受ける。
しばらく受けて、7筋一旦手抜いて35歩。69手目、見落としていたが

玉が広いのでそこまで悲観していなかった。70手目は狙いの一手。
72手目、隙を見逃さない。少し進んで、91手目、取ると26銀打ちで

受けられるので13角。93手目、取る一手。97手目、7手くらい前から
読んでいた手だったので、もちろん同角。26銀は読みどうりだったので

同角。同歩に47銀で詰ましに行く。そこから7手進んで投了されました。



スポンサーリンク