【右玉対矢倉早囲い】斜めのラインから攻めて詰み

予選から一局。

対矢倉早囲い。右辺での攻防でバランスを取りながら指していました

相手の矢倉囲いが不安定なところに目をつけて

玉の小瓶でもある、斜めから攻めて行きました。

終盤になると、自陣の囲いは残っており、相手の囲いは崩れていた

攻めごまは少なく、どう寄せていくかということを考えてる。

玉を下段に落としたところで、時間が少なくなり結構焦ってきた。

相手も飛車を受けに使ってきたりで、寄りそうなんだけど、寄らないという感じ。

桂馬も応援に出して、まさに全軍躍動を意識。

相手の方が金のライン上に、角で王手してくれたので、取って詰ませる

事が出来ました。本譜の進行では詰まない形でしたが、正確に指されると

危なかったところもありました。右玉練習中で経験の少なさが出ていました。



棋譜


棋戦:名人戦対局室
先手:sa
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀
▲2五歩 △3三角 ▲5六歩 △4三銀 ▲6八玉 △3二金
▲7八玉 △6二銀 ▲6八銀 △6四歩 ▲7七銀 △6三銀
▲5八金右 △7四歩 ▲6六歩 △7三桂 ▲6七金 △8一飛
▲1六歩 △1四歩 ▲3六歩 △6二玉 ▲3七銀 △5二金
▲7九角 △4五歩 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 角 △3四歩
▲6八角 △4四銀 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △4一飛
▲4八飛 △4五歩 ▲3七銀 △7二玉 ▲8八玉 △8四歩
▲8六歩 △3五銀 ▲3六歩 △4六銀 ▲同 銀 △同 歩
▲同 角 △6二金 ▲4二歩 △同 金 ▲5七角 △4四歩
▲9六歩 △3二金 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 角 △4五銀
▲4七銀 △3四銀 ▲5七角 △4五歩 ▲2八飛 △6五歩
▲3五歩 △6六歩 ▲同 銀 △6五歩 ▲7七銀 △4三銀
▲3八飛 △5四銀左 ▲3六飛 △7七角成 ▲同 金 △6六銀
▲同 金 △同 歩 ▲同 角 △6五銀 ▲1一角成 △3三桂
▲2一銀 △同 飛 ▲同 馬 △7六銀 ▲3二馬 △8七銀打
▲7九玉 △6七歩 ▲3八飛 △6五桂 ▲4一飛 △5七桂不成
▲7一金 △8三玉 ▲6一角 △同 金 ▲同飛成 △6八角
▲同 金 △8八金
まで110手で後手の勝ち







31手目、矢倉早囲い。35手目、矢倉の手筋。43手目、中盤戦。

46手目、一マス寄って玉を安定させる。50手目、積極的に動く。

56手目、玉頭を強化。58手目、同飛は割り打ちの銀があった。

66手目、飛車道を止めておく。72手目、相手の囲いが不安定なので、

斜めから矢倉を攻める。82手目、角を切って攻めをつなげる。

92手目、飛車が助からないと感じたのと、攻め駒補充。

96手目、寄せに行く。98手目、下段に落としてから逃げ道封鎖。

105手目を見て、詰まないのと

とませそうと感じて角を打ったら詰みました。


スポンサーリンク