【水谷流藤井システム】先手優勢から見落としで負け将棋に

24名人戦始まりましたね

名人戦の棋譜を載せようと思ったのですが、まだ忙しく

棋譜解析できていないものもあるので後日載せます。

そして今回なくしていたものが見つかったので

そちらを振り返ります。本譜は水谷流藤井システムです。

水谷さんがよく指している戦法で、急戦に強いというメリットがあります

そもそも、藤井システムがプロの対局で現れなくなったのは

ゴキゲン中飛車や石田流の出現で、主導権が握れる戦法に徐々に移った

からみたいです。当然、研究もストップしたままで、まだまだ

十分戦える戦法だと思います。最近ではプロ間でも増えているみたいです

棋譜を見ていないので、管理人は詳しく知らないのですが。

そんなわけで本譜です。優勢まで進むものの、油断から見落としで

急転直下。優勢な局面こそ気を抜かないのが大事ですね。


棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:AS

▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △3四歩 ▲6八飛 △8五歩
▲7七角 △6二銀 ▲1六歩 △4二玉 ▲1五歩 △5二金右
▲3八銀 △3二玉 ▲5八金左 △5四歩 ▲7八銀 △5三銀
▲4八玉 △3三角 ▲4六歩 △4四歩 ▲3六歩 △4三金
▲3七桂 △2二玉 ▲6五歩 △1二香 ▲2五桂 △2四角
▲4五歩 △1一玉 ▲4四歩 △同 銀 ▲6四歩 △同 歩
▲同 飛 △6二歩 ▲4五歩 △5三金 ▲4四歩 △6四金
▲4三歩成 △2二銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲1三歩 △同 香
▲同桂成 △同 桂 ▲1四香 △4六桂 ▲1三香成 △5八桂成
▲同 金 △1三角 ▲1四桂 △5五金 ▲2二桂成 △同 角
▲1四桂 △4七歩 ▲同 銀 △1八飛 ▲3七玉 △1四飛成
▲1五歩 △同 龍 ▲2六銀 △4五桂 ▲4八玉 △1八龍
▲5九玉 △6五桂 ▲5五角 △同 角 ▲1五香 △1四歩
▲2二銀 △同 玉 ▲3三金 △同 角 ▲同 と △同 玉
まで84手で後手の勝ち








2手目、84歩で居飛車。5手目、68飛で四間飛車に。
17手目、体制を整える。18手目、持久戦が

ほぼ確定。19手目、水谷流藤井システムへ。26手目、左美濃か穴熊?
28手目、居飛車穴熊確定。29手目、仕掛ける。

31手目、歩がただなので突き捨てる。33手目、取らなかったので取り込む。
同銀に64歩。同歩。同飛。39手目、こじ開ける。43手目、取り込んでと金に。

45手目、端攻め開始。同歩に13歩。しばらく進んで
62手目、47歩。優勢を意識しすぎて同銀と

取ってしまう。64手目、形勢が変わってしまう。
ここからはまとめきれずに負けました。


スポンサーリンク