【右玉対右玉】時間的敗勢、直感ではなく最後に考えた手を選ぶ

序盤、変だなと考えていたらやっぱり右玉だった

角を変えていない右玉なので、相右玉を試してみるが敗戦。

指し慣れていないのと、それゆえに考えすぎて時間がなくなり

悪手を指したのが主な敗因。しかしこれには続きがあり、

終盤、少考したところで勝ち筋がありました。74手目を見て、

直感は25桂。しかし自分の時間はもうない状態。

少考して最後に考えた手を選び負けました。

時間がなくなると悪手を指しやすくなるのはなんとかしないと

それまで互角になっていたので、悔しいですね。

ちなみに角換わり右玉対策はマイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり
にあるので後で見てみようと思います。角を変えていないのは、

記事を投稿したら調べてみよう



棋譜


持ち時間:15分+60秒
場所:81Dojo (ver.2014/9/21)
先手:i
後手:管理人

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲6八銀 △2二銀
▲7八金 △8四歩 ▲4八銀 △3二金 ▲4六歩 △7二銀
▲4七銀 △6四歩 ▲5八金 △6三銀 ▲3六歩 △5二金
▲3七桂 △4四歩 ▲7六歩 △7四歩 ▲4八玉 △7三桂
▲9六歩 △9四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲5六歩 △8一飛
▲5七銀 △6二玉 ▲2九飛 △8五歩 ▲6六歩 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲7七角 △8一飛 ▲8六歩 △3一銀
▲9七桂 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲4五歩 △4二銀
▲4四歩 △1三桂 ▲4五桂 △4四角 ▲2四飛 △2三歩
▲2九飛 △4三銀 ▲1五歩 △6五歩 ▲1四歩 △8五歩
▲8九飛 △6六歩 ▲8五歩 △6五桂 ▲6六角 △5七桂成
▲同 玉 △6五歩 ▲4四角 △同 銀 ▲8四歩 △6六角
▲4六玉 △8八歩 ▲同 金 △7七銀 ▲同 金 △同角成
▲8三歩成 △4一飛 ▲7三角 △6一玉 ▲7二銀 △同 銀
▲同 と △同 玉 ▲8二飛成 △6三玉 ▲6四銀 △5四玉
▲5五銀 △同 銀 ▲同 歩 △同 馬 ▲同角成 △4三玉
▲4四銀 △4二玉 ▲5三銀成 △3一玉 ▲5二龍
まで101手で先手の勝ち







5手目、68銀?11手目、46歩。15手目、58金。ここで右玉だと確信。

18手目、角換わりの構え22手目、こちらも右玉。36手目から一歩交換。

43手目を受けるのに84歩。51手目は飛車先突破を

見た手。角で受けて23歩。56手目、銀の働きが悪いので前線へ。

58手目、おそらく急所。60手目、争点を増やす手。飛車が回って来たので、

歩を取り込みながら拠点を作る。64手目、ふんどしの桂。

同角に53桂成。同玉に角頭を攻める。各交換から同銀。

72手目からは冒頭で書いたとうり


スポンサーリンク