【6手目角交換】先手居飛車対後手金上がりのダイレクト向かい飛車

優勢の将棋で勝ち切れない時があるので、最強 東大将棋 デラックス
の定跡道場で 駒落ち定跡もやっています。定跡が次々進み仕掛けの

段階までくるとそこで切り離され、対局が始まります。ちなみに

4枚落ちまで来ました。最近は居飛車を指していて、角交換四間飛車

はよく見るが向かい飛車はなかなか遭遇しないので、対向かい飛車の

練習はしていました。居飛車の感覚をものにするため、定跡学習

しながら、将棋ウォーズで日々実践です。本譜はいきなり角を変えて、

ダイレクト向かい飛車のような形に

いきなり角交換はいつ見てもびっくりしますね



棋譜

棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:Tn

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲4八銀 △8八角成
▲同 銀 △3三金 ▲7七銀 △2二飛 ▲4六歩 △4四歩
▲4七銀 △4二銀 ▲3六歩 △2四歩 ▲3七桂 △2三金
▲6八玉 △3三桂 ▲5八金右 △6二玉 ▲9六歩 △9四歩
▲8六歩 △7二玉 ▲7八玉 △8二玉 ▲2五歩 △同 桂
▲同 桂 △同 歩 ▲1五桂 △2四金 ▲4一角 △1四歩
▲2五飛 △同 金 ▲2三桂成 △同 飛 ▲同角成 △2六金
▲4一馬 △5一銀 ▲2二飛 △6二銀左 ▲2六飛成 △3九飛
▲2二龍 △1九飛成 ▲5二金 △同 金 ▲同 馬 △7二金
▲6一金 △4五歩 ▲6二金 △同 銀 ▲同 馬 △同 金
▲同 龍 △7二金 ▲7一銀 △9二玉 ▲7二龍 △9三玉
▲8二龍 △8四玉 ▲8五金
まで69手で先手の勝ち







3手目、居飛車。4手目、金上がり?。6手目、角交換。同銀。

9手目、壁銀の解消。10手目、ダイレクト向かい飛車。1

9手目、玉を囲いに行く。29手目、仕掛け。同桂。同桂。同歩。

35手目、41角で馬を作る。36手目、桂頭を攻めて来たので飛車を走る。

同金に23桂成。同飛に同馬。43手目、離れ駒に目をつける。

45手目、銀が引いたので、王手金取り。49手目、寄せに入る。しばらく進み。

61手目、一間龍から9手で詰みました。


スポンサーリンク