【後手中飛車対居玉中飛車2枚銀】美濃に囲っていたのが大きかった将棋

後で見たら、抑えこみが出来ていたかもしれない将棋だった

先手は相手で居玉の中飛車。後手は管理人で中飛車。

相振り中飛車になりました。


棋譜


棋戦:レーティング対局室
先手:ro
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲7八金 △5四歩 ▲5八飛 △5二飛
▲5六歩 △6二玉 ▲6八銀 △7二玉 ▲7七銀 △8二玉
▲4八銀 △7二銀 ▲5七銀 △3二銀 ▲4六銀 △3三銀
▲6六銀 △4四銀 ▲5五歩 △同 歩 ▲同銀左 △同 銀
▲同 角 △同 角 ▲同 銀 △4四銀 ▲5三歩 △同 銀
▲5四銀打 △同 銀 ▲同 銀 △2五角 ▲4八金 △4六銀
▲3六角 △5七歩 ▲同 金 △同銀成 ▲同 飛 △3六角
▲5三歩 △5六歩 ▲同 飛 △4七角成 ▲5二歩成 △4八角
▲6八玉 △5七金 ▲同 飛 △同角成 ▲7七玉 △5二金左
▲5三歩 △6九馬 ▲6八銀 △7八馬 ▲同 玉 △6八馬
▲同 玉 △2八飛 ▲7七玉 △8八銀 ▲6六玉 △5八飛成
▲5二歩成 △5四龍 ▲6五金 △5七銀 ▲7五玉 △8四金
▲8六玉 △6五龍
まで74手で後手の勝ち








4手目、片美濃囲い。19手目、相手は2枚銀。こちらも銀を上げる。

21手目、仕掛けてきたこの局面、居玉は怖くて自分は指せない。

55同歩。同銀。同銀。同角。同角。同銀。44銀と打つが

35角と打って、次に57歩とすれば抑えこみが出来たかもしれない。

少し進んで25角。飛車の小瓶を狙う。36手目でこじ開ける。

角を受けに使ってくるが、57歩。同金。同銀成。同飛。36角に53歩

飛車先を叩いてから、47角成。54手目で、と金の処理。

打ち込みは相手にしないで、守りごまを剥がす。

やはり玉を囲っていたほうが勝ちやすい。

もっとうまく指せたはずなので、後で棋譜解析しようと思う


スポンサーリンク