【奇襲2枚桂から攻められる】4級のゴキゲン中飛車対3級の超速

超速の出だしだったのですが、

途中から定跡を外してきたので、どう指すか考えました。

そしたらまさか奇襲的な指し方をされるとは・・・

囲いはこちらが飛車先の歩を交換

しなかったら左美濃だったかもしれないですね。

中盤、奇襲で押され続けて、相手が居玉じゃなかったら危な

かった。「居玉は避けよ」の格言の正しさが証明された一例に

なりましたこの対局で相手の狙いが分かったので、次からは

同じ事にはならないかと桂馬を2枚も飛ばせちゃダメですね(笑)

最後の寄せがぐだぐだだったので、『寄せの手筋』を注文しました。

届いたら、寄せの勉強も始めます。

先手は相手で、3級の居飛車で,超速もどき。

後手は自分で、4級の中飛車です



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:s3
後手:管理人

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲1六歩 △5四歩
▲5八金右 △5五歩 ▲4八銀 △5二飛 ▲3六歩 △4二銀
▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △4四銀 ▲3七桂 △6二玉
▲7六歩 △7二玉 ▲7七桂 △8二玉 ▲6六歩 △7二銀
▲7八銀 △5六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲6七銀 △5二飛
▲5七歩 △2二飛 ▲4五桂 △4二角 ▲6五桂 △5二金左
▲5六歩 △3三桂 ▲同桂成 △同 銀 ▲5五歩 △2四歩
▲5四歩 △4一桂 ▲4五桂 △4四銀 ▲5三歩成 △同 桂
▲同桂右成 △同 銀 ▲同桂成 △同 金 ▲4五桂 △2五歩
▲3三銀 △同 角 ▲同桂成 △2四飛 ▲6五歩 △2六歩
▲2二成桂 △2七歩成 ▲4八飛 △3七銀 ▲3三角成 △2六飛
▲1五馬 △2二飛 ▲3三角 △2三飛 ▲2四角成 △同 飛
▲同 馬 △4八銀成 ▲同 金 △2九飛 ▲5八玉 △5四桂
▲5七銀 △1九飛成 ▲5五銀 △3九角 ▲3四馬 △4八角成
▲同 銀 △3八と ▲5七銀 △6六香 ▲同銀引 △同 桂
▲同銀直 △5四桂 ▲7七銀 △4九龍 ▲6八玉 △6六銀
▲同銀左 △同 桂 ▲5九金 △5八金 ▲6七玉 △5九龍
▲6六玉 △5七金 ▲8六香 △5六金 ▲同 馬 △5四桂
▲5五玉 △4四銀
まで110手で後手の勝ち








19手目までは超速だと見ていましたが、21手目に桂馬をはねてきました。
本譜は囲いを優先しましたが、この桂馬を咎めることを考えておけばよかった。

26手目、56歩。同歩。同飛。端が弱そうだと感じ2筋逆襲を考え飛車を引く。
32手目で2筋へ。52手目で駒損。53手目で受けると相手の攻めが

早くなると考え、2筋の歩を伸ばすが、見落としていて33銀と打ち込まれた。
この時点では玉はまだ固いので、角を切って飛車を逃がす。

とにかく飛車先を突破するように指した。65手目、
相手は33角成。飛車を逃がしたら馬で追いかけてきた。

成桂がタダだったので素抜きの22飛。69手目
33角に23飛とする。72手目で飛車を切る。同馬に48成銀。同金。

居玉なので29飛と打ち込んで攻める。82手目、39角と打ち込んで寄せに入る。
48角成に48銀。86手目でと金を寄せる。66香。同銀。同桂

同銀。92手目、54桂。銀が玉から離れたので、49竜。96手目、
66銀。同桂。100手目、58金そこから道なりに寄せて勝ちました。

ただ、寄せ方はまだ課題です。


スポンサーリンク