【先手中飛車対後手超速37銀】更に袖飛車にしてきたので捌く

先手は自分で中飛車。後手は相手で超速37銀で来ました。

本来超速は居飛車側が先手の場合が多いのですが

先手番でも来るんですね。得なのか損なのかはわかりませんが

後手番ではないので、中飛車側が一手多く指せる計算ですね。

その後、袖飛車にしてきたので、捌きを重視するも銀対抗。

それよりもびっくりしたのが、玉を寄っただけで囲わずに
仕掛けてきたことです。

急戦は珍しくは無いのですが、囲わないのは勝ちづらいので

あまり好きではないです。中盤、角交換が嫌だったのか、
必要ないところに銀を打ったりしてます。その後、

ぐだぐだではあるが、無事寄せることが出来た。

角交換してもいいかどうかの判断が出来る必要があると感じた。



棋譜



棋戦:レーティング対局室
先手:管理人
後手:n6

▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △6二銀 ▲5八飛 △4二玉
▲4八玉 △8五歩 ▲7七角 △7四歩 ▲6八銀 △7三銀
▲5七銀 △6四銀 ▲6六銀 △7二飛 ▲7八飛 △7五歩
▲同 歩 △同 銀 ▲9五角 △7六銀 ▲7三歩 △8二飛
▲7六飛 △9四歩 ▲7七角 △9五歩 ▲6五銀 △8六歩
▲同 歩 △8七歩 ▲7八金 △3四歩 ▲6六銀 △6二金
▲7四銀 △7三桂 ▲同銀成 △7五歩 ▲同 飛 △6六角
▲同 歩 △8八銀 ▲8二成銀 △7七銀成 ▲同 桂 △6四歩
▲7一飛成 △6五歩 ▲同 桂 △5二金寄 ▲7二成銀 △9六歩
▲同 歩 △同 香 ▲同 香 △6四歩 ▲7三桂成 △1四歩
▲6二成銀 △同 金 ▲同成桂 △3三玉 ▲4一龍 △3二銀
▲4二角 △4四玉 ▲5五銀 △4五玉 ▲4六金
まで71手で先手の勝ち








10手目、超速の入り口。こちらも銀を上げる。15手目、銀が向かい合った。
16手目で袖飛車。戦いが起こるところには飛車を!の格言で78飛。

相手は棒銀。どう捌くか考えるのに2分くらい使って同歩。同銀に95角。
23手目で筋違い角。73歩に82飛。銀を飛車で取り駒得。抑えこみにも成功

77へ角を引き、攻めようとするが、攻め筋が見えない。道なりに進み、
34手目で角道を開けてきた35手目、66に銀を打つが55のほうが良かった。

37手目に74銀。38手目に何故か桂が跳ねてきた同銀成に75歩。同飛
と取る。角が飛んできたので同歩。44手目受けに困った。同金。同歩成。

同角。86飛とする変化が嫌だったので、飛車取り。角を取った手には同桂。

かなり優勢だと思う。49手目、71飛車成。歩の突き捨てには桂馬で対応。
道なりに追い込んで、67手目42角。55銀。46金で

5手詰め。もう少し手が読めるようにならないと


スポンサーリンク