【相振りの石田で後手番の考え方】24で互いに石田流本組!

将棋倶楽部24では、自分の段級が固定するのに、

30局ほど?かかるそうです。

先手はtaさんで石田流本組。後手は管理人でtaさんと同じです。

相振り飛車になりました。

潰されてしまったので、今更ですが、後手番での考え方が変わりました。

まず、管理人は後手番なので、互いに本組になったら先手のほうが

一手早いということと相手の方は囲いを最小限にして、

その分管理人よりも早く攻撃態勢を整えた。

一歩持っていたのも大きい自分は囲いの方を優先した分、

攻めが遅れたのと、相手の方をあまり見ていないで本組に組んでいた。

途中で気づいていたら今よりはマシだった。戦法を指しこなす上で、

潰される経験は役に立つので、次からは同じことにはならないと思う。


棋譜

棋戦:レーティング対局室
先手:ta
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △3二飛 ▲6六歩 △3五歩
▲6八銀 △7二銀 ▲6七銀 △4四歩 ▲7八飛 △6二玉
▲3八銀 △4二銀 ▲4八玉 △4三銀 ▲7四歩 △同 歩
▲同 飛 △7三歩 ▲7六飛 △5二金左 ▲7七桂 △7一玉
▲9六歩 △3四飛 ▲9七角 △1四歩 ▲6五歩 △5四銀
▲6六銀 △3三桂 ▲7五銀 △1三角 ▲7四歩 △同 歩
▲同 銀 △7三歩 ▲同銀成 △同 銀 ▲8五桂 △8四銀打
▲7三桂成 △同 銀 ▲7四歩 △8四銀 ▲7三銀 △同 銀
▲同歩成 △同 桂 ▲同飛成 △7二銀 ▲8二銀
まで53手で先手の勝ち








17手目、ここが分岐点。歩交換の後、先手が一歩手持ちにしたところ。
ここで気づいていたら変わっていたかもしれない。22手目で自分の
美濃囲いを完成させる。相手は囲う前に本組に組み始める。

こちらも本組を目指すが、32手目で銀を繰り出してきた。ここで金を
寄せるなどしておけば良かった。33手目、相手が棒銀を仕掛けてこよう
としているところ。しかし、ここで自分は気づいていなかった

見れば分かるのだが、攻撃態勢を整えることに頭が回っていたので
見ていなかった。35手目、74歩。同歩。同銀。38手目に73歩。
同銀。同銀。41手目、85桂。84銀で受けるが

受かっていない。同桂。同銀に74歩。47手目に73銀。同銀。
同歩成。同桂。同龍。52手目72銀に82銀打で詰まされてしまった。


スポンサーリンク