10分切れ負けなのに3分切れ負けの感覚で指してしまった将棋

81道場で対局相手が見つからなかったので、将棋ウォーズ

で指しました。この日は時間がなかったので、3分切れ負け

というものに興味があり、やってみました。しかし、これは将棋

というより、ただ正確に駒を動かすという感じでした。

やっぱり15分以上ないと将棋という感じはしないですね。

ちなみに、3局試してみるつもりが、3局目に間違って10分切れ

負けを選んでいたらしく、10分切れ負けの感覚で指してました。

気づいたのは終盤付近です。ということで、10分切れ負けを

3分の感覚で指したらどうなったのか載せてみます。

相手は後手向かい飛車。先手は管理人で石田流。

相振り飛車です。対向かい飛車になるのは久しぶり?



棋譜

棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:DG

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4四歩 ▲7五歩 △3三角
▲7八飛 △2二飛 ▲3八銀 △7二銀 ▲7六飛 △5二金左
▲6八銀 △6四歩 ▲5八金左 △6三金 ▲6七銀 △6二玉
▲9六歩 △9四歩 ▲7七桂 △7一玉 ▲9七角 △8二玉
▲5六銀 △5四歩 ▲4八玉 △1四歩 ▲6五歩 △1五歩
▲6四歩 △同 金 ▲6五銀 △6三金 ▲7四歩 △1四香
▲3一角成 △1二飛 ▲2一馬 △1三飛 ▲7三歩成 △同 金
▲7四歩 △6三金 ▲3一馬 △7五歩 ▲同 飛 △1六歩
▲1三馬 △1七歩成 ▲同 香 △同香成 ▲同 桂 △1六歩
▲2五桂 △1七歩成 ▲3三桂成 △2八と ▲6四香 △3八と
▲同 金 △6四金 ▲同 銀 △6三香 ▲同銀成 △同 銀
▲6九香 △6四歩 ▲3一馬 △5五銀 ▲5九桂 △7一香
▲3二飛 △5二銀打 ▲4二金 △7四香 ▲同 飛 △同 銀
▲5二金 △7二金 ▲6二金 △同 金 ▲同飛成 △7二金
▲7一銀 △9三玉 ▲7二龍 △7三歩 ▲8二銀不成△8四玉
▲8六歩 △7五玉 ▲8七銀 △8九飛 ▲7六金 △8四玉
▲8五香 △同 銀 ▲同 歩 △7四玉 ▲6三角
まで101手で先手の勝ち








23手目で本組の形に組みました。27手目、相手が向かい飛車なので
相手の飛車から玉を少し遠いところへ移動。相手は端歩は突いてきました。

相手は高美濃囲い。31手目、64歩。同金。65銀。63金引。
35手目、74歩。36手目で相手が香車を上げた37手目、31角成。

飛車は逃げるが桂馬を取りながら追う。41手目、73歩成。同金。
金先を叩く。48手目、雀刺しをしようとしていたので、馬で飛車を取る。

端を受けた後、角取りに桂馬を跳ねる。角が逃げなかったので、同桂。
58手目、と金を寄って来たが、相手の持ち駒が香と歩しかないので

攻めていく。というかこの時点でおそらく姿焼きといわれる状態だった
と思う。そこから囲いを崩していくが持ち駒が豊富にもかかわらず

詰ますことが出来なかった。10分切れ負けだと気づいたのはここらへん。
仮に3分切れ負けだったとしても、瞬間的に詰ますことが出来るようにしたい。


スポンサーリンク