【将棋ウォーズでいつもより時間を使った将棋】石田流本組対四間飛車

タイトルのとうり、いつもより時間を使いました。

相手の方はウォーズ3級で、後手四間飛車。

管理人は先手石田流本組。以前、コメントで教えてもらった、

相振りでの美濃囲いの玉の位置を実践で指せたので

この対局、いい勝負にもっていけたのではないかと思います。

10分切れ負けで、時間が無くても、知っているのと知らない

のとでは違うと感じました。感謝です。




棋譜



棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:a2

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4二飛 ▲6六歩 △7二銀
▲7八飛 △4四歩 ▲5八金左 △3三角 ▲3八銀 △1四歩
▲1六歩 △3二銀 ▲4八玉 △4五歩 ▲3九玉 △5二金左
▲6八銀 △6二玉 ▲7六飛 △7一玉 ▲6七銀 △9四歩
▲9六歩 △4三銀 ▲7七桂 △5四銀 ▲9七角 △9五歩
▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △9六歩 ▲8六角 △9七歩成
▲同 香 △同香成 ▲同 角 △9六歩 ▲8六角 △9七歩成
▲7三歩 △同 桂 ▲9四歩 △8七と ▲9五角 △9二歩
▲6五桂 △同 桂 ▲同 歩 △7三香 ▲同角成 △同 銀
▲同飛成 △7二歩 ▲8三龍 △6二玉 ▲3六香 △4三銀
▲7三歩 △同 歩 ▲9二龍 △5一玉 ▲9三歩成 △4六歩
▲同 歩 △4五歩 ▲8二と △4一玉 ▲7二と △5一金寄
▲6一銀 △7七と ▲5六銀 △4六歩 ▲5二銀成 △同 金
▲6一金 △4七銀 ▲同銀上 △同歩成 ▲同 銀 △4六歩
▲3八銀 △4七桂 ▲2八玉 △3九銀 ▲1八玉 △1五歩
▲同 歩 △4四角 ▲2六銀 △1五香 ▲1六歩 △同 香
▲1七歩 △同香成 ▲同 玉 △1二飛 ▲1五歩 △2四歩
▲6二と △4二金 ▲5一金 △3二玉 ▲5二と △2八角
▲1八玉 △2六角 ▲同 歩 △2七銀 ▲同 銀 △1七歩
▲同 桂 △1五飛 ▲1六香 △3七角成 ▲4二と △3三玉
▲5五角 △4四銀 ▲3二と △4三玉 ▲4二龍 △5四玉
まで126手で後手の勝ち







序盤、相手が振り飛車なので、囲いの作り方の手順を変えて見ました。
上部に強くするためです。端歩を突き合った後、囲いに入ります。
16手目でa2さんが玉頭の歩を伸ばして来たので、以前教えてもらった

コメを思い出し。上部に強い位置に玉を引く。石田流本組に組んだ後、
29手目、a2さんが95歩と突いてきた。これには31手目、74歩で。
同歩。同飛。角頭の歩を突いてきたので。角を上げる。36手目、

と金を作ってきたので、同香。同香。同角。96歩。としてきたので角を
上る。43手目、73に歩を打ち。同桂。45手目、垂れ歩。47手目
桂に紐をつけつつ、角を逃げる。49手目、桂跳ね。同桂。同歩。

52手目、73香に対して強気に攻める。73角成。同銀。同飛成。
59手目、角頭狙いの香打ち。61手目、合わせの歩。同歩。92竜。

玉は逃げる。龍の下の歩を捌けないか考え、65手目、と金を作る。
それに対して相手は46歩としてきたので同歩。68手目、歩を叩いて来た
のでこれは放置。と金を寄せていく。玉は逃げるがさらに寄せていく。

73手目、61銀打。相手もと金を寄せてきたので、銀を受けにも使う。
そこからは銀金交換の後、受けに徹する。受けがひと通り終わった後、
攻めていくが、角打ちされ、また受け。ここらへんで詰みそうと感じ、時間を

使って詰みチェックしていたら、もう時間がない!急いで42竜とするも、
時間切れ負けになりました。


スポンサーリンク