相中飛車で上級の相手が石田流三間飛車にしてきた局面

相手が、相中飛車から石田流に組み直してきた棋譜です。

振り飛車で組み直すのは珍しくないのですが

初めてだったので凄く興味深かったです。



棋譜


棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:oo

▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △4二銀 ▲5五歩 △5二飛
▲7六歩 △4四歩 ▲4六歩 △4三銀 ▲4八玉 △6二玉
▲3八銀 △7二玉 ▲3九玉 △6二銀 ▲2八玉 △3二飛
▲1六歩 △1四歩 ▲7七角 △3五歩 ▲5九金左 △3六歩
▲4八金左 △3七歩成 ▲同 金 △3四飛 ▲3六歩 △2四歩
▲9六歩 △9四歩 ▲8六歩 △2五歩 ▲8五歩 △3三桂
▲8八銀 △1三角 ▲8七銀 △3二金 ▲8六銀 △4五歩
▲6六角 △4六歩 ▲7五銀 △4七歩成 ▲同 金 △7九角成
▲8四歩 △同 歩 ▲同 銀 △8三歩 ▲7五銀 △8九馬
▲8八飛 △9九馬 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 銀 △8八馬
▲同 角 △8四飛 ▲6六角 △8九飛成 ▲8四歩 △8二歩
まで66手で後手の勝ち









早めに囲いを崩しにいこうとしていたんですが、

無理筋ですね。相手は石田流本組で完全に組んでしまっているので

受けきったほうがよかった。3筋が脆かったので馬を成りこませてしまってからは

厳しい局面です。

��3手目は角に紐を付けておけばよかった。例えば66角打ちとかにすれば

飛車をどこかしらに引くだろうし。それにしても、ソフト相手にだけ練習するより勉強になる。


スポンサーリンク