「大局観の大切さ」10級に降級してからの対局と序盤の考え方など

81dojoで降級した次の日に挑戦の申し込みがあったので

承諾


棋譜です。

持ち時間:15分+60秒
場所:81Dojo (ver.2013/12/10)
先手:管理人
後手:MGさん

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲7七角 △8五歩
▲5八飛 △6四歩 ▲6八銀 △6二銀 ▲5六歩 △6五歩
▲5七銀 △9四歩 ▲4八玉 △7二金 ▲3八玉 △8三金
▲2八玉 △8四金 ▲6五歩 △7七角成 ▲同 桂 △2二銀
▲4六銀 △3三銀 ▲4五銀 △9五金 ▲5五歩 △4二金
▲5四歩 △同 歩 ▲同 銀 △5三歩 ▲7一角 △同 銀
▲5三銀成 △4四角 ▲4二成銀 △同 玉 ▲7八金 △6九銀
▲5九飛 △7八銀成 ▲5四歩 △7七角成 ▲5三歩成 △3二玉
▲5二と △5九馬 ▲同 金 △5二飛 ▲4八金 △5九飛成
▲4九金打 △5一龍 ▲6四歩 △6二歩 ▲8二角 △同 銀
まで60手で後手の勝ち








管理人は超早指しのクセがあるので、序盤はめちゃくちゃに なることがしばしば。
 早く直さないと。 振り飛車は戦法にもよるのですが、基本的に囲ってから
攻めるようにしないと ダメですね。 俗にいう大局観というやつですかね。
 今は攻めるべきなのか、待つべきなのか



 棋譜検索している時に挑戦が来たので、2回目の対局



 盤



 

前回の反省点を踏まえて

序盤をさっきよりは考えて勧め、美濃に囲って戦いました。

後で分かったのですが、相手は原始棒銀だった

受けを間違えると破壊力がある戦法です

逆に言うと、受けを間違えなければ無理気味ということ

単純な攻めになりやすい戦法に負けるのは悔しいですね

棋力もそうだが、まだ対棒銀を知らなすぎるということだと思った


スポンサーリンク