お互い飛車を振る形だとまったく勝てない!失敗例を2つ載せてみる。

対居飛車での勝率はいいほうないし五分五分になる時が多いんだけど

対振り飛車、つまり相振り飛車になると全然勝てないので

今は相振りの練習に重点を置く方がいいと感じた。


棋譜


持ち時間:5分+30秒
場所:81Dojo (ver.2013/12/10)
先手:ka
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲7八金 △5四歩 ▲5六歩 △5二飛
▲5八飛 △3三角 ▲6八銀 △4二銀 ▲7七銀 △5三銀
▲7九角 △6二玉 ▲4六角 △7二銀 ▲3六歩 △7一玉
▲4八玉 △8二玉 ▲3八玉 △4四銀 ▲3七桂 △5五歩
▲同 歩 △同 銀 ▲6八角 △5七歩 ▲5九飛 △5六銀
▲4八銀 △1四歩 ▲5七銀 △同銀成 ▲同 飛 △5六銀
▲5九飛 △7七角成 ▲同 桂 △5七銀打 ▲7九角 △3三桂
▲5八歩 △4七銀成 ▲同 玉 △5八銀成 ▲同 金 △5五歩
▲5七金 △4四歩 ▲4六金 △4五桂 ▲同 桂 △同 歩
▲5五金 △4六桂 ▲5四金 △5八歩 ▲5三歩 △5九歩成
▲5二歩成 △同金左 ▲5六玉 △5三歩 ▲5五金 △5八飛
▲4五玉 △6九と ▲4六角 △4八飛成 ▲6五桂 △6八と
▲7七金 △7八と ▲6六金
まで75手で先手の勝ち





 

 相手が振り飛車なのに居飛車の時と同じ攻め方をして失敗した一局
 攻めが切れて後半の攻め筋が見えなくなったので、
作戦負けしたな








相手は三間飛車でこちらは中飛車

囲いを金無双みたいにするつもりが、中飛車なのに銀を右に上げて

しまった失敗例。当然攻められたら玉の逃げ場所が無くなり即詰みになった

これだったら美濃囲いのほうがよかったな。

中飛車で相振りならば、銀を右に上げてはいけないということがわかった

局面だった。それと、端歩は必ずしも歩を突き返す必要はないと感じた。


スポンサーリンク